#3|KARATSU 花と遊ぶ

花に囲まれ、緑を感じる。
自然のテーマパークへ。

#3

花に囲まれ、緑を感じる。
自然のテーマパークへ。

「思い出に残る体験がしたい」そう思って訪ねたフラワーショップでは、手づくりを体験。
たくさんの花に癒されたら、虹の松原を駆け抜けて、おやつタイム。時を彩る花も、ぐるりと囲む緑も、私を楽しませてくれた。
あったかい人や壮大な自然、ここにしかないものを存分に感じることになった。

記事に登場するスポット

  • 唐津市のシンボル・唐津城から、車で約10分。住宅街へ少し入ると、ピンクのかわいらしい建物が見えてきた。ここは、唐津市でカーネーションを栽培する「平田花園」のフラワーショップ。
    平田花園は、60万本のカーネーションを育て、その美しさを全国へ届けている佐賀県内でも有数の花農家さん。3代目の平田憲市郎さんは、ハウスにこもり、品種や品質を徹底的に研究している花の達人。また、高級ホテルでブライダルや生花の装飾を経験し、花で人を幸せにすることを考えてきた。

  • 今日は、そんな平田花園に欠かせない存在、平田さんの奥さまに案内してもらった。
    「花が咲かない季節にも、花のある暮らしを感じて欲しくて、このショップを開いたんですよ」と、奥さま。その言葉通り、店内には一年中楽しめるプリザーブドフラワーや花を使った小物、雑貨がたくさん並んでいる。そして、ここに来た目的は、花をふんだんに使ったハーバリウムやアクセサリーの製作。カーネーションはもちろん、100種類以上の花材から、好きなものを選べるので、私は、大好きなイエローと、夏に映えそうなブルーを選んだ。
    いよいよ製作。花に囲まれて、時間を忘れて、世界にひとつだけの作品をつくる。途中、何度も奥さまの手を借りながら、なんとか完成。早く部屋に飾りたいな。

  • せっかく唐津に来たから「虹の松原」へ向かった。
    全長約4.5km、100万本のクロマツ。足を止めれば、360度、緑に囲まれた幻想的な雰囲気を感じられる。自然のパワーをたっぷりと感じる森林浴。かわいい松ぼっくりを拾ったり、すぐそばで聞こえる波の音に耳を澄ましたり。車でドライブするだけでも楽しめるスポットだけど、降りて散策すると新しい発見があった。ふと、気づくと、潮風が手招きする。
    白い砂浜が広がるビーチへ向かった。

  • 心は満たされても、お腹はすくもの。虹の松原で、ちょっと寄り道。
    唐津のソウルフード「からつバーガー」は、昭和38年創業。レトロな赤いバス、レトロなパッケージに、なつかしさを感じる。手づくりのソースやバンズは、素朴ながら忘れられない味を演出。練乳入りの甘いミルクやこだわりのコーヒーでホッとひと息。そして、なにより緑に囲まれたロケーションが贅沢。花より団子、いや、花もグルメも楽しめる唐津の旅。豊かな自然の中で、休日を過ごすことができた。